工務店をサポートする
MEOコンサルタントとは

MEOコンサルタント

MEOとは「Map Engine Optimization(マップ検索エンジン最適化)」の略称であり、Googleマップの地図エンジンに特化したSEO対策ともいえます。

地域に根ざした営業が大切な工務店にとって、地域密着型ともいえるMEO対策やMEOコンサルタントによる支援は、企業成長をサポートしてくれる魅力的なサービスです。

株式会社ラウンドナップの取り組み

Googleマップ上の話で完結しないMEO対策

株式会社ラウンドナップでは、MEOを単なるデジタル領域の営業対策として考えるのでなく、オンラインサービスとしての総合的なプランニングこそ重要と考えています。

Googleマップ向けの検索エンジン対策によって地図検索における上位表示を目指すだけでなく、実際に工務店の名前を見た人がホームページを訪れてくれるような工夫を盛り込んだり、ホームページを訪れた人が興味を持って情報収集を行ってくれたりするような対策にも包括的に取り組んでいます。

実際の地域特性やエリアニーズを考えた総合支援

工務店の仕事は現実世界で行われるものであり、オンラインでどれだけ集客力を高めても実際の契約につながらなければ意味がありません。

そのため、株式会社ラウンドナップではオンラインの成果向上は当然として、収益アップへつながる地域密着型の経営戦略についてもアドバイスしています。

無料相談でも一切妥協しないサポート

株式会社ラウンドナップの代表である中山氏とは古くからの付き合いですが、その実績を頼ってまずは無料でホームページなどの相談を行いました。本音を言えば、無料で得られるサービスに期待はしていませんでしたが、実際には弊社の問題点やオンラインの改善点について一時間近い解説動画を作成してくれ、その誠実さに驚きました。

参照元:株式会社ラウンドナップ公式サイト お客さまの声(https://www.roundup-consulting.jp/voice/#toc5)

株式会社CIN GROUPの取り組み

Googleマイビジネスへの登録から運用代行

株式会社CIN GROUPは、MEO対策に特化した専門サービスを提供している会社であり、Googleマイビジネスへの登録代行から定期運用、さらにアカウントを閲覧した見込み客に対する適切なブランディングまで、総合的なサポートをワンストップサービスとして提供しています。

また、事業者としての魅力を視覚的に伝えられるよう、動画の撮影やコンテンツの作成といったこともまとめてアウトソーシング可能です。

スマホに特化したMEO対策

パソコンからの訪問客を追求するだけでなく、スマホの普及に伴って拡大しているスマホユーザーのホームページ訪問を促進できるよう、スマホに特化したMEO対策をコンサルティングできることも株式会社CIN GROUPの強みです。

また、現在の広告戦略や集客方法について、費用対効果を検証しながら最適化プランを考えられることも重要でしょう。

株式会社プロモストの取り組み

Google Inc.の認定代理店によるMEO対策

株式会社プロモストはGoogle Inc.の認定代理店であり、Googleマップを始めとしてGoogleが提供する各種サービスについても専門知識を備えています。

また、株式会社プロモストではGoogleマップ内でのクライアント企業の宣伝力を向上できるよう、MEO対策(Googleマップ上位表示対策)にも力を入れており、マルチデバイスに対応した検索やアクセスもしっかりとサポートしていることがポイントです。

目的に合わせて複数のMEO対策プランを用意

株式会社プロモストではMEO対策を考えているクライアントのために、費用固定型のプランを3種と、成果報酬型によるプラン1種の、合計4種の料金プランを提供しています。

検索キーワードとしては全ての6ワード以上をベースとして、8~12キーワードに対応した「固定12プラン」もあり、MEOコンサルタントに費用対効果を相談しながら適切なプランとのマッチングを手助けしてもらうことが可能です。

工務店への集客に欠かせない「MEO」について

MEOは「Map Engine Optimization(マップ検索エンジン最適化)」の略称であり、あるいは「Googleマップ上位表示対策」などとも呼ばれます。

通常のGoogle検索で表示される順位の上昇を目指すSEOに対して、MEO対策はGoogleマップの地図エンジンにおいて表示される検索順位の向上を目指すマーケティング戦略です。エリアに特化した検索順位をランクアップさせることで、より地域に根ざしたオンラインプロモーションへつなげていくことが可能となります。

MEO対策のメリット・デメリット

メリット

MEO対策を適切に行って、地域の工務店としてGoogleマップ上で上位表示されるようになれば、より効果的に地域住民へのアプローチを行っていけるようになります。

地域住民の住宅や事業所などとの取引も多い工務店にとって、地域密着型の営業戦略を軽視することはできません。そのため、MEOのように事業エリアに特化したオンライン対策やデジタルプロモーションは、一層に顧客ターゲットを明確にした宣伝広告として力を発揮してくれることが重要です。

デメリット

MEO対策として費用を使っても、単にGoogleマップ上で上位表示されるだけでは収益向上につながりません。

MEO対策によるホームページへの誘導や企業情報の発信はあくまでもプロモーション活動の入口であり、そこから実際の契約や取引へつなげていけるよう具体的な取り組みについても考えていくことが寛容です。

まとめ

地域の人々とのつながりが重要な工務店にとって、エリア特化型のSEOであるMEOは自社のブランディングやプロモーションとして有効です。

しかし、単に検索で上位表示されたとしても、そこから発信できるコンテンツが不十分では収益アップを見込めません。

そのため、工務店向けのMEO対策を考える場合、地域特性まで反映させたプロモーション戦略を考えてくれるMEOコンサルタントを見つけることが大切です。

関連ページ

工務店コンサルタント25社を徹底分析│ビルサル

工務店コンサルタントに期待できる集客術
集客できる
公式ホームページとは
利益UPにつながる
コスト見直し
人材育成をしたい
助成金・補助金を申請したい
工務店コンサルトの
差別化戦略とは
SNSを始めたい
新築事業を始めたい
工務店をサポートする
DMコンサルタントとは
営業力を上げたい
商品開発をしたいが
資金がない
WEB広告を出したい
工務店コンサルトによる
動画制作とは
紹介受注以外の新規顧客を獲得したい
企業規模で選ぶ
おすすめの⼯務店コンサルタント

各企業によって得意領域は異なり、セミナーや事例を参考にしても、特色があります。「小規模工務店から大手のビルダーまで対応しています」という企業もたくさん存在するけど、工務店は企業規模によって課題が偏ってくる業界でもあります。年間棟数を5棟増やしたい工務店と、100棟を超えたので150棟を目指す地域ビルダーでは対策もまったく異なってきます。
企業規模を掲載している会社は、的確なコンサル戦略を立てているからこそ、各社の公式HPで決まった規模のアピールができると考えられます。こうした理由により、Google検索で「工務店コンサルタント」と検索し、検索結果に表示された会社のうち、公式サイトで「企業規模の記載」が確認できた3社をピックアップして紹介しています(※2021年8月1日時点)。

零細‧小規模 ⼯務店コンサルタント希望なら
ナック

年間0~20棟の工務店向け

中小工務店約7,000社との取引あり。零細・小規模工務店向けに年間300回ほどセミナーを開催。

中規模 ⼯務店コンサルタント希望なら
プラス経営

年間100棟までの工務店向け

主に売上高10億以下の地域工務店や建設会社が対象。「中高級注文住宅」に特化。

地域ビルダー‧住宅FC ⼯務店コンサルタント希望なら
イノマルケティノ

年間100棟以上の工務店向け

100棟以上を目指す地域ビルダー向けのセミナーを開催し、100棟ビルダー実現に向けたコンサル。