人材育成をしたい

人材育成

社員の能力開発は、経営戦略の実現や業績向上を可能にします。工務店コンサルティング会社では将来の経営幹部や若手社員の育成、組織力向上によって離職率を低くするための支援を提供しています。

人材育成はタイミングを失うと、人材の喪失にもつながりかねません。ここでは、各社でどのようなコンサルが受けられるか、またその結果の事例と照らし合わせて確認していきましょう。

工務店が人材育成に力を入れる意味

工務店において人材を確保することは非常に大切になってきます。多くの人材を確保するためには人材育成に力を入れることも一つの手です。なぜ人材育成が重要なのかをチェックしていきましょう。

人材育成で生産性を向上させる

「背中を見て覚えろ」と言っていた時代もあるでしょう。しかし見て覚えるという教育法は、全員に適した方法ではありません。人によっては見て覚えられるかもしれませんが、ほとんどの方は見るだけで技術を習得できるのは難しいでしょう。そんな非効率的な方法を選択するのではなく、研修を行い社員1人ひとりの能力を高める体制を整える方が効率的です。各自のスキルアップを図ることで、生産性がアップし、工務店の人手不足解消につながるでしょう。また研修を適切に行っていれば、社員教育に熱心な企業として高く評価されやすくなり、求人の応募も増える効果が期待できます。

人材を定着させる

どんなに求人の応募が増えたとしても、すぐに離職されてしまえば意味がありません。社員は自分自身の成長を実感できないような職場環境では、仕事へのモチベーションを低下させ、離職に繋がりやすくなります。そのため適切な指導や教育を行い、社員のスキルアップにつながる研修を実施することで人材の定着が図れるでしょう。たとえば教育もなしに現場に連れ出されても困るだけです。しっかりと基礎を丁寧に教え込んだうえで、仕事ができる環境を整えましょう。

工務店が人材不足に陥る原因

そもそも何故工務店が人材不足に陥りやすいのでしょうか?それは労働環境や昔ながらの継承スタイルなどが原因なのかもしれません。具体的に人材不足に陥る原因を把握し、人材確保につなげましょう。

労働力人口の減少、業界の高齢化

人手不足という環境は、必ずしも工務店だけの話ではありません。日本全体で少子高齢化が加速しており、若年層の従業員が減少している実情があります。また工務店を支える現場の職人などは比較的高齢のベテランが多く、その世代が一度に退職することで、さらなる人材不足に陥ることも考えられるでしょう。少しでも若年層の人材を確保するためにも、労働環境を改善し、社員教育など人材を育成する環境が大切です。

工務店の労働条件・賃金問題

工務店などの建築業界の中には、労働時間や業務内容など労働環境が劣悪な場合もあるでしょう。長時間労働・賃金が少ない・休みが少ないなどのブラック企業と呼ばれる会社もあると言われています。このような環境であれば、建築業界離れが進んでしまい、他の業界に転職する人も多くなり、最初から就職先に建築業界を選ばない人もいるでしょう。人材を少しでも増やしたいなら、労働条件を改善し、適切な賃金を支払うように労働環境を見直すことが大切です。

昔ながらの技術継承スタイルが若者に不人気

「技術は見て盗むもの」と昔ながらの考え方に縛られているケースも多いでしょう。ほとんど指導することなく、現場を任せてしまうような環境では若年層が離れてしまいやすくなります。もちろんベテランの職人たちは、このようなスタイルでも十分育ったのかもしれませんが、人材育成にばらつきも多く、確実な人材育成体制ではないでしょう。そのような環境では人材確保が難しくなり、より人手不足に悩まされる要因になってしまいます。

プロの力も借りて人材育成に力を入れてみる

人手不足の現状がある工務店において、人材育成に力を入れることは非常に重要です。多くの人材を確保し、技術・知識などを教えこみ、一人でも多くの人材を育成できる環境を整えましょう。しかしながら人材育成と言っても、どういった方法が適切なのか分からないことの方が多いはず。

そういった場合には工務店の人材育成をサポートしているプロに頼るのもアリでしょう。人材育成のプロであれば、工務店それぞれに合った方法で研修体制をプログラムしてくれます。そのため、より効率的に人材を育てることができるでしょう。

ただ、どのような研修をしているかはサポートしている会社によって異なります。人材育成だけでなく、工務店経営をトータルでコンサルティングしてくれる会社もあるため、しっかりと自社に合った会社を見極めることが大切です。

各社の得意領域を見定める
「正しい選択」とは?

工務店コンサルタント25社を徹底分析!自社に合ったコンサル会社を見つける方法を教えます。

詳しく見る
工務店作業員イメージ

ナックの取り組み

マンパワーに頼らない誰もが実践できる
営業体制を構築

営業支援では、購買心理に基づいたセールスプロセス、マンパワーではなく誰もが成果を出せる営業の仕組みをレクチャー。また、お客様への信頼獲得とワクワクする提案ができるように人材育成をサポートします。

新入社員を中心に年間30棟の安定受注に成功

建築技術はあるものの、お客様への営業力が不足していることからナックのシステムを導入。事例に基づく商品開発をおこない、営業や建築未経験の社員でも受注ができる仕組み作りに取り組み、年間30棟を安定受注できるようになりました

参照元:ナック 公式(https://www.nac-consul.com/3335training/)

イルマルケティノの取り組み

経営戦略、営業、採用・育成まで
ワンストップで支援

綿密な取材・調査、強みを活かしたオリジナルの経営戦略策を提案。また、単価粗利を改善して優秀な人材が集まるブランド企業を確立させ、経営者と従業員が一枚岩となれる体制つくりのための人材育成セミナーなども開催しています。

日菱企画の取り組み

人が育つ参加型経営を構築

正会員・サテライト会員・賛助会員からなる住宅ビジネス研究会「住宅産業塾」で、成功事例から学ぶベンチマーキング手法によるコンサルティングを提供。人材育成では、人事組織診断で人事組織に関する調査・報告、新賃金制度の提案、経営幹部候補者と共にステップアップ基準表を作成します

事業戦略診断で強化すべき面がわかりました

事業戦略診断を受けたことで強みと弱みがはっきりとわかり、その強みを活かした具体的な戦略の提案がとても役に立ちました。人材が大きな財産になること、お客様に知ってもらうことの重要性に気が付き、広報面に力を入れるようになりました。

参照元:住宅産業塾 公式(https://www.jyutakujuku.com/consulting/interview/)

ラストコンパスの取り組み

人材育成と次世代リーダーを創出する
研修制度

人材採用、評価制度作成、企業生成、社員育成支援を盛り込んだPOTENTIALでは、採用した優秀な人材の成長を実現します。また、POTENTIAL導入会社を対象にした、次世代リーダーを創出する研修としてのLEADERS CAMPもあります。

POTENTIALをフル活用した社員教育

これまで社長の感覚で人材登用をしていましたが、人材の成長のバラつきや期待したほどの成長を感じられないことが続いたため、事業を任せられる人材確保と育成を目的とした住宅・不動産専門のPOTENTIALを導入しました。

中途採用研修、適正診断レポートで採用の見極めを、幹部研修と実践研修で幹部育成、ウェブによる社員教育研修とKPIマネジメントで新卒教育をおこなっています

参照元:ラストコンパス 公式(https://lastcompass.co.jp/case)

まとめ

人が育ちやすい会社、
人が働きたくなる会社に改革

コンサルティング会社では、人が育ちやすい会社、人が働きたくなる会社へと意識改革から支援。営業のいろはのレクチャーだけでなく、社内体制も整えることで、人材が育ちやすい環境を整えています。まずは、セミナーなどに参加して、その空気に触れてみるのがおすすめ。人材育成のヒントと道筋が見えてくるのではないでしょうか。

その他の注目記事

関連ページ

工務店コンサルタント25社を徹底分析│ビルサル

工務店コンサルタントに期待できる集客術
工務店をサポートする
DMコンサルタントとは
工務店コンサルトによる
動画制作とは
工務店コンサルトの
差別化戦略とは
紹介受注以外の新規顧客を獲得したい
工務店をサポートする
MEOコンサルタントとは
営業力を上げたい
SNSを始めたい
新築事業を始めたい
助成金・補助金を申請したい
集客できる
公式ホームページとは
商品開発をしたいが
資金がない
利益UPにつながる
コスト見直し
WEB広告を出したい
企業規模で選ぶ
おすすめの⼯務店コンサルタント

各企業によって得意領域は異なり、セミナーや事例を参考にしても、特色があります。「小規模工務店から大手のビルダーまで対応しています」という企業もたくさん存在するけど、工務店は企業規模によって課題が偏ってくる業界でもあります。年間棟数を5棟増やしたい工務店と、100棟を超えたので150棟を目指す地域ビルダーでは対策もまったく異なってきます。
企業規模を掲載している会社は、的確なコンサル戦略を立てているからこそ、各社の公式HPで決まった規模のアピールができると考えられます。こうした理由により、Google検索で「工務店コンサルタント」と検索し、検索結果に表示された会社のうち、公式サイトで「企業規模の記載」が確認できた3社をピックアップして紹介しています(※2021年8月1日時点)。

零細‧小規模 ⼯務店コンサルタント希望なら
ナック

年間0~20棟の工務店向け

中小工務店約7,000社との取引あり。零細・小規模工務店向けに年間300回ほどセミナーを開催。

中規模 ⼯務店コンサルタント希望なら
プラス経営

年間100棟までの工務店向け

主に売上高10億以下の地域工務店や建設会社が対象。「中高級注文住宅」に特化。

地域ビルダー‧住宅FC ⼯務店コンサルタント希望なら
イノマルケティノ

年間100棟以上の工務店向け

100棟以上を目指す地域ビルダー向けのセミナーを開催し、100棟ビルダー実現に向けたコンサル。